まだまだ利用している人も少ない人材紹介ではありますが、転職サイトと比べて求人数も多いですしコーディネーターがお仕事や面接の日取りまで調整してくれたりとかなり便利です。今回は登録する際に迷うかもしれない特化型と総合型の人材紹介の違いについてお話できればと思います。

MS251_memotonewsp500

特化型と総合型どっちがオススメなの?

特化型(ブティック型)
特定の業界や職種などに絞って求人を取り扱う会社。紹介会社によって様々な得意分野がある。例えばIT業界に強い,管理系職種や営業職の案件が多いですよ~とか第二新卒の案件を積極的に集めていますなど。タイプは様々ではありますが、どれかに特化していると言う事は悪くないように思えますよね。

総合型(デパート型)
その名の通り様々な業種、職種の求人を取り扱っている企業。大手企業のほとんどは総合型に入ると思います。総合と言うと器用貧乏のようなイメージを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は社内は複数の特化型が集まったような部門構成となっているため、複数の特化型の紹介会社の集まりともいえてしまうのです。

そう考えると器用貧乏なわけでもないですし、特化型のほうが優れているとはいえないですよね。求人を頼む方としてはやっぱり大手にお願いするパーターンがどうしても多いだろうから結局のところ特化型のメリットはあまり無いような気がします。ただ登録する企業は一つ出なければいけないというルールは無いので、不安のある方は特化型に登録をしてみてもいいと思いますし、希望する職種に強いのであれば、当然悪いわけでもないのでナシではないと思います。

ただどちらを選ぶか迷った際にはやはり案件数が多い、しかも複数の特化型の集合体であるワークポートリクルートエージェントといった総合型を選択した方が無難と言えるでしょう。