ご存知でしょうか?一般的にはまだまだ浸透していない感がある転職支援サービスではありますが、看護士さんがお仕事を変える際には他の業種に比べて利用する方が多いそうです。忙しい日常の中でも希望の条件でお仕事を探してくれるだけでなく、面接の日取りや給料交渉などもしてくれるのは心強いですよね。看護のお仕事なら転職支援金も貰えちゃいます。

病院 イラスト

離職率が高めの看護業界!

日本は看護師不足なんです。2025年には、157万人もの看護師(保健師、助産師含まず)が必要になるといわれています。それに対して、2010年の就業看護師数は約138万人ということで単純に考えれば25年までに20万人くらい増やさないといけません。

ただ最近は少子化も進んでいますから、人数を増やすのは正直難しいですよね。人手不足故に売り手市場というか就職や転職はしやすいですが、人手不足だからこそ現場で働く看護師の負担になっているのも事実です。2012年には、常勤(正職員)で働く看護師の離職率は10.9%と、かなり高い数字になっています。正職員の看護師でさえ、10年以内に一度は転職を経験する計算になります。

参考記事
看護士を辞めたいと思ったら・・・職場を変えてみませんか?

忙しいからこそ転職支援サービスがとても役立ちます!

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223500

看護師さんは忙しい方も多いと思いますので、離職理由の一つである「休暇がとれない」とある事からも中々自由に休むことができなかったり、たまの休みの日も普段の疲れから「中々転職活動する元気が沸かない」と言う人も多いのではないでしょうか?

他の職場に移りたいけど、ズルズル働いてしまっている人も少なくないと思います。転職ってもの凄くパワーが居ることだと思いますし、何度もするわけではないので新しい職場で「上手くやっていけるか」など不安もあると思います。そこで強い味方となってくれるのが転職支援サービスというわけです。他の業界ではまだまだ利用者数は少ないですが、看護業界では結構利用されている人も多いそうです。

転職した方に「利用されていたかどうか」それとなく聞いてみると実は結構利用していたということもあるかもしれませんね。正職員の看護師でさえ、10年以内に一度は転職している計算になるわけですから皆さんの周りにも転職して今の職場にきた人も多いと思いますのでデータは集めれそうですね。

参考記事
ママさんナース必見!3~5月に転職や復職を希望する看護士さんが多いそうです!

看護士の転職サイトの役割と特徴!

転職したい看護師と、看護師を新たに雇用したい事業所(病院やクリニック、介護施設など)との間に立って、双方に向き合っています。看護師にとってみれば、情報収集、面接の日程調整や条件交渉などを代わりにやってもらえたり、キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるという大きなメリットがあります。

また、人気で応募が集中するため一般には公開されない、「非公開求人」と呼ばれる好条件の求人を紹介してもらえるようになります。事業所にとっても、第三者視点での求職者に対する評価を聞けるため、「マッチングがうまくいきやすい」「求職者に対してのアプローチが楽になる」などのメリットがあります。

希望の条件の病院を探してくれたり、面接の日程の調整をしてくれるのはとても心強いですよね。更に嬉しいのが1人で転職するときに難しい、給与や福利厚生などの、待遇面での交渉です。求職者の代わりに、給与や休日などの交渉もしてくれるそうなので、登録した人は遠慮なく希望しましょう。

まとめ&コメント!

nurse_0100425353

看護業界は支援サービスを利用して転職する人が他の職種に比べて多いというお話をさせていただきました。まだまだ浸透していない感があった支援サービスですが普段激務で忙しい看護士さんならではかもしれませんね。それにしても離職率が10パーセント超えているのには驚きました。転職する人が珍しくない職場ですと人間関係も難しい事が多いと思います。

看護のお仕事」などの支援サービスを利用する事で少しでもお悩みが解決できればと思います。転職を成功された方に、転職支援金を支給してくれますし他者と違うところは何度でもプレゼントしてくれるそうです。また転職後の相談もOKとアフターフォローもしてくれるのも嬉しいですね。



関連記事
看護士だけど夜勤のお仕事ができなくなった!
ママさんナース必見!人材紹介サービス利用で院内託児所の終了時間も知ることができます。