先日派遣会社に登録してお仕事することのメリットをお話したので、今回は逆にデメリットを考えてみました。アルバイトやパートの変わりに高収入、高時給のお仕事を探している人もお読みいただければ幸いです。

派遣会社を利用するデメリット

派遣会社で勤務させていただいてお仕事を紹介する側からの意見になってしまいますが、デメリットはお給料と安定性だと思います。派遣のお仕事は業種や派遣される企業によってもお給料が変わってくるので一概には言えませんが正社員と比べると当然ながらお給料が安いです。それはボーナスが基本でないからです。また残業させるとただでさえ高い人件費が更に1.25倍になってしまうのでなるべくなら時間通りに帰ってもらいたいので会社によってはまったく残業をさせてもらえないというところもあると思います。もし仮に基本給が同じだとしても正社員に比べて年収はかなり下がってしまうでしょう。ただ人によっては「残業したくない・できない。」という人もいらっしゃると思うのでその場合はマイナスポイントにはなりずらいかとおもいます。

正社員と比べるとですがもう一つのデメリットは安定しないということです。先ほども少しお話させていただきましたが、派遣社員の人件費は自社の社員の人件費よりも相当高いです。時給1000円程度のお仕事であれば派遣会社には1600円程度は払っていると思います。なので業績が悪化したり人件費を抑えたいなどというときには真っ先に切られます。また新しい仕事をスタッフコーディネーターが探してくれますが、その間の給料は保証されません。

派遣法で同じところに勤務できるのは原則3年未満になっています。勤続3年になるといったんそこの企業との派遣契約が切られて別の企業に勤めなくてはならなくなりますので最高でも3年間しか同じ企業では連続して働けないので安定という言葉は難しいかもしれません。しかし契約満了を契機に気に入られていれば社員や契約社員として雇ってくれる企業もあるのでしっかり働いていれば採用されるかもしれないですね。

管理人ユウからマトメとコメント

先日お話したメリットと今回お話したデメリットを参考にしていただいて派遣で働くという選択肢もあると思っていただけたら幸いです。派遣は安定しない・給料が安いと思われがちではありますが、考える視点を変えてアルバイトやパートをしようと思っていた人であれば派遣の方が高時給・高給料の可能性も高まりますし残業がしたくても出来ない方など派遣だからこそ可能になる働き方もあると思いますので、上手く工夫して利用していただければと思います。オススメの方法は色々な派遣会社に登録をしてお仕事を沢山の人に探してもらう事です。インテリジェンスやリクルートなどの大手に加えアパレル業界に特化していたりクリエイティブ業界に特化した派遣会社などもあるので希望職種がある人はこの辺りも抑えておきたいですね。

関連記事
派遣社員という雇用形態は「ありかもしれない」という選択