前回に引き続き管理人ユウが実際に体験した1日限りの短期・日払いの調査系アルバイトについてレビューしたいと思います。前回はお仕事の申し込みや確認までしかお話できなかったので今回は実際のお仕事などについてお話できればと思います。前回の内容は体験談 短期・日払いの調査系のアルバイトしてきました!をご確認いただければと思います。

前日までは曇りの予報なのに当日は雨が・・・

前日までは曇りの予報だったんですけど、いざ当日になると雨が降っていました。寒くなりそうかな・・・と思ったんですけど、「地下鉄の駅って結構暖かい」と普段はJRしか使わないのでびっくりしました。

天候が悪いと日払いなので欠員が出る事も多い調査系のアルバイトですが、この日は幸運にも一人もかけることなく集合しました。欠員が出ると実は休憩時間が減らされる事もあるので働く側にとっても実は皆がちゃんと来てくれるというのはありがたいことなんです。

休憩のローテンションが決まりました!私の休憩は一番最初!

今回のお仕事は3人一組でおこないます。調査系ですとこの場合2時間働くと1時間休憩になります。初めは私も信じられませんでしたが、まじめに休憩が多いのです。運がいいと1時間働くと1時間休憩なんていうこともたまにあります。

一番最悪でも2時間15分作業したら45分休憩なので休む時間はしっかりと確保できるのがこのアルバイトの魅力でもあります。今回は17時から作業開始で終電が24時30分程度なので拘束時間7時間30分。実働時間に直すと5時間しかないのですから人気のアルバイトというのも分かる気がします。

休憩が多い分作業は大変?「いいえ」そんなことはありません

休憩が多い=作業はキツイと思われがちですが、調査系に限って言えばそんなことはありえません。今回のお仕事の内容は車内の混雑度調査です。しかもカウンターを持って電車にとっている人の人数を数えるわけでなく目視で全員が椅子に座っていたら「2番」半分くらい立っている人がいたら「4番」というように番号を電車が来るごとに記入するだけです。

本当にこれしかお仕事はありません。電車は5~7分に1本程度ですので本当にたっているようなものです。これを休憩ローテンションを守りながら終電まで番号を記入するだけです。みんながこのアルバイトをやりたい理由がなんとなくわかりました。

作業終了!お給料はその場でもらえます!

ずっと立っているので少しは疲労感がありますが、休憩もきちんともらえますし問題ないです。お仕事が終わったらすぐその場でお給料を貰うことができます。なんとも嬉しいシステムです。最近は振込みなどが主流の派遣会社も多いのですがこっちの方が働いた感じがしていいですよね。

作業内容と実働時間を考えるとお給料は期待できないように思われがちですが、日給は1万円でした。終電まで作業があったので始発までどこかで時間をつぶさないといけないですが、3時間ちょっとですし、待機するのを差し引いても「かなりおいしい」アルバイトだと思います。ただ女性の方はあまり見かけないので女性の方で働きたい方はお友達と一緒に応募するのがいいかもしれません。

このお仕事に応募する方法!

調査系のアルバイトに応募したい方はまずはanエリアにアクセスしていただければと思います。その後検索で「交通量調査」もしくは「エスピー研」か「アーバントラフィック」と入力すると募集をしていればヒットすると思います。月曜に案件が出されることが多いのでこれを見たら朝お時間のある方は応募されてみてはいかがでしょうか?