アルバイト求人に応募する際には応募フォーム(メール・WEB)からが有効かもしれません。当サイトでもなるべく応募フォームからの申し込みを推奨していますが、採用担当の方の話を思い出してこの考えが間違っていないと私は思いました。

アルバイトの応募というと以前は求人媒体を見て電話で直接店舗などにかけて、その際に面接の日取りを決めて面接をして合否を待つというのが主な流れでした。しかしここまでの流れに罠があるのです。罠というのは電話の事です。

アルバイト専用に回線を設けて専属のオペレーターを用意して待っているような企業であれば電話でもかまわないとは思いますが、通常アルバイトで働くというとコンビニだったりカラオケ店、飲食店などがメインだと思います。これらの店舗では通常採用担当は店長が任されている事が多いのです。店長は忙しいことも多く電話に直接でれない事も少なくありません。

またカラオケ店などでは店長は夕方以降に出勤の場合が多いそうです。これはカラオケ店が混雑するのが夜なので、その時に責任者にお店にいて欲しいという事だそうです。通常応募するとなると感覚的に17時までには電話しないと失礼と思ったり、担当者がいないと思われがちですがカラオケ店ではまったくの逆なのです。

採用担当の店長が電話に出れないと代わりに出るのはアルバイトスタッフです。放置していたり意地悪をしているというわけでもなく、お店は忙しく来店されているお客様の接客を優先するために報告を忘れてしまったり、連絡メモがどこかにまぎれてしまったりということもありえます。皆さんもアルバイトされていて応募の電話を取った経験のある人は思い当たるフシもあるのではないでしょうか?

その点応募フォームからの申し込みであれば店長が必ず確認してくれるので安心です。お互いの時間の都合がつかなくなかなか連絡が繋がらないということはあるかもしれませんが、応募の意思は最低でも採用担当者に伝わるということです。せっかく応募したのに何の返事もない・・・ということは見落とされているのかもしれませんね。24時間好きな時間に見るのことできるメールでの応募が望ましいと私は考えています。タウンワークバイトルドットコムなどからの申し込みの際も応募フォームを有効に使ってみてくださいね。

関連のありそうな記事
立川エリアにコンビニエンスストアの仕事求人が沢山出ています
コンビニエンスストアのアルバイトについて!