以前少しお話しさせていただきましたが、転職するのを決意するのに一番多いのは新年だそうです。年も新しくなったことで心機一転、職場や職種を変えて働くことを決める人が多いそうです。確かに、新年は多くの人が抱負や目標を立てたりしますから、転職を決断する人が多くても不思議ではありません。

転職をする際にはなるべくなら次の就職先を決めてから、退職をした方が無職の時間も少ないですし、生活も安定するのでベストだと思うのですが、人間関係などが原因で辞める方は一刻も早く、同じ職場にいたくないと考えると思うので、なかなか次の職場を決めてからと言うのも難しいかと思います。

IMG_1498

日本は少子高齢化がドンドン進んでいますから、労働力不足が深刻化しています。転職する身としてみれば労働力不足と言うのは採用のされやすさにも繋がるわけですから、ありがたい限りですけど、就職後は人手が足りないばっかりに激務だったり、外国の方がたくさんいる職場もあったりと、なかなか自分に合った職場で働くのは、ドンドン難しい時代になってきているのかなと思います。

ワークポートなど人材紹介を利用してみよう

WORKPORT_08

転職がしやすくなったといっても、まだまだ自分ひとりの力では厳しい部分があります。そもそも企業は求人情報を載せるのを嫌がる傾向にあります。人手不足を露呈したくないからだとは思いますが、これでは素人の私たちはお仕事を探すこともできません。

転職エージェント・ワークポートのような人材紹介を利用する事で、一般には募集されていないような非公開求人なども知ることが出来たり、直接企業の採用担当の方と話し合える機会などもあるそうです。

登録すれば、担当のコンシェルジュさんがいるので、自分は働きながら、自分の条件に合った企業を探してくれたり、面接の日程や給料の交渉までしてくれたりと、自分一人ではできないことをしてくれるので、忙しくて転職活動ができないという人は特に利用してみていただければと思います。

関連記事
ワークポートなど人材紹介利用する事で転職活動を円滑におこなえます!
人材紹介「ワークポート」のサービスを上手く活用してチャンスを掴もう!