■交通量調査の体験談などを知りたい方
■一日で1万円以上稼げる短期バイトをお探しの方

主に上記の方に向けて記事を作成しております。交通量調査の体験談をお話していきたいと思います。今回は単発のお仕事ではありますが、複数回こなすことで、成れる可能性のあるリーダーについてです。通常のアルバイトですと、リーダーまでに長い年月が掛かりますが、交通量調査では自分で希望したり、社員に気に入られる事で比較的早い段階からなれます。

MS251_memotonewsp500

リーダーになれるキッカケ!

交通量調査でリーダーになるのは難しい事ではありません。調査によっては地点数がたくさんあることがあり、地点数毎にリーダーを選ぶ場合もあるからです。基本的には単発のアルバイトではありますが、複数回こなすことで、社員や巡回監督さんに顔を覚えてもらう事で自然と選ばれます。

また地点数が多いと必然的にリーダー不足に陥るので、何度か現場で働いたことがある人であれば、「リーダーやりたいです」というように申告することで、成れる場合もあります。特に会社で説明会などがある場合は調査地点を決めるのと同時にリーダーも決めている場合もあるので、勇気を出して申告してみましょう!

リーダーのメリット!

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223500

最大のメリットはリーダー手当てがある事です。普通のアルバイトであれば、ある程度の年月をかけてバイトリーダーになると思うので、時給が他のアルバイトと比べて高いのは、当然ともいえますが、単発バイトでのリーダーは経験が豊富でない人も多いので、単純にお給料が高いというメリットだけです。

手当は12時間調査で1000円、24時間調査であれば2000円日給にプラスされて支払ってもらえるのでかなりお得です。交通量調査のお仕事は交通費は支給されませんが、リーダーのみ支給される調査があります。12時間だと片道のみ、24時間なら往復の電車賃などが出ることがあります。

近場でない調査の場合などは、交通費も1000円以上になる場合も少なくないので、嬉しい特典です。

リーダーのお仕事!

PAK58_kiokuyorikiroku500

リーダー特有の仕事はそれほど多くはありません。一番大事なのは点呼と地点の立ち上げです。地点に集まる人数はそれほど多くないので、比較的楽です。ただしお休みや、元々人が集まらなくて足りない場合などは、報告やローテンション決めなどで、バタバタすることもあります。

仕事が本当に楽!

a0008_001812

手当があるので、他のアルバイトさんよりも少しだけ給料が高いのがリーダーですが、それだけではオススメしていません。実は業務内容が楽な場合が多いのです。1時間ごとに赤信号の時間などを計るお仕事が最も多いのですが、2~5分くらいあれば終わります。つまり50分以上は休憩になります。

このお仕事が12時間続くだけなので、1日中休憩と言っても過言ではない程です。ただしリーダーは補欠要因みたいなのも兼ねていますので、人が集まらない場合にはほかるアルバイトさんと混じって、通常にお仕事のカウントをする事もあるので、欠員がないことを祈りましょう。

関連記事
[エスピー研] 交通量調査の体験談 超短期の1日だけのお仕事!
エスピー研を中心とした交通量調査の体験談!

スポンサーリンク