派遣で働いたことがある人や自社に派遣会社経由で来ているスタッフの方がいらっしゃる方は感じた事がある方も多いと思いますが、派遣と自社に直接雇われている社員との間には壁があることが多いです。

PAK15_notepenhikkiyougu20140312500

雇われ先が違うからこそある壁!

これはアルバイトでも社員でも同じだと思うんですけど、雇われ先が違う故に壁があるんですよね。そもそも派遣のポジションって私も派遣会社で勤める前に何度かスタッフとして働いたことがあるのですが、基本お手伝いさんのスタイルなんですよね。

確かに人手不足が解消されるまで,ボーナスやセールの忙しい間だけなど応援的な意味で派遣をお願いしている企業も多いので、お手伝いというポジションは間違っていないと思います。出来ればどの企業も人件費を抑えたいですから自社で周るようになれば、依頼しなくなると思います。

お手伝いだから,ある程度の期間でいなくなるから,派遣だから・・・など様々な理由で距離をとられる方が多いです。もちろん自社の社員と同じように扱ってくれる人や良くしてくれる人もいらっしゃいますが、私の経験上は壁があるというか距離をとっている人が多いように感じました。

壁が嫌な人はなるべく派遣が多い企業に応募しましょう!

壁が嫌なら「正社員を目指せばいい」と言われてしまいそうですが、皆がみんな慣れるわけでもないですし、それに小さいお子さんがいて残業できない方やパートナーが転勤が多い職業だから、引っ越すまでの繋ぎとして働きたい人など正社員を希望しない人も一定数いらっしゃいます。これはこれで派遣を上手く使っていると思いますしとても良いとおもいます。

その理由は単純に扱いに慣れているから!

「どうして壁があるのか?」といえば扱いに困るからなんですよね。雇われ先が違うのですから待遇も違いますし、どうやって接したら良いか?というのが単純にわからない人も多いです。それならば以前から派遣を沢山使っている企業にいったほうが扱いに慣れているわけですから、接してくれる社員さんやアルバイトさんとの「壁」が少ない場合が多いです。

ただ初めて派遣に依頼する企業は実は大事に使ってくれる場合も多かったりするので、慣れていないほうが働き安かったりする場合もあるので難しいですね。

まとめ&コメント!

今回は派遣と自社に直接雇われている社員との間には壁があるというお話をさせていただきました。雇われ先が違ったり、初めて接する人だったりとなかなか難しいデリケートな部分でもあると思います。

派遣は派遣の人同士で固まることがどうしても多いですし、仲良くなるのはやっぱり同じ立場だから・・・というのは個人的には少し寂しいと思ってしまいます。同じように寂しく思ってしまったり、仲良く楽しく過ごしたい人であれば登録説明会などの時に以前から派遣を使っている企業を希望してみると、接し方も慣れている人が多くなると思うので、働きやすくなるかと思います。

スポンサーリンク

 
関連記事
転職,就職も2月~3月が一番オススメな理由とは!
派遣社員WEBアンケート調査で明らかになったハケンの本音
派遣会社が手数料を少なくすればみんな幸せになる!