就職やアルバイトにうかるために資格が必要か?この質問が2択であるなら必要であると思います。でも必ずしも必要かといわれれば絶対条件になりうるとは限らないと思います。企業側で日常程度の英会話の出来る人やエクセル・ワードが使える方などと言うように募集に書かれていれば当然必要になってくるとは思いますが、大抵の場合は有利になる可能性がある程度であると思います。

エントリーシートや履歴書を見て判断する場合一番重要なのは学歴これは昔も今も変わらないと思います。学歴不問や学歴は重視しないと言う企業であっても書かれていれば見るそれが人と言うものだと思います。次に重要視する項目それが資格だと私は思います。

私も前職は派遣会社で登録に来るアルバイト希望のスタッフや正社員希望のスタッフを沢山見て面接をしてきました。まず学歴を見て資格を次に見ます。その後は長所や短所など自己分析されている項目にも目を通します。履歴書やエントリーシートに書かれていることは目を通しますが、それがすべてではないと思います。よく容姿が良い人は就職面接に有利でずるいと言われますが面接官も人間ですから有利に決まっています。

容姿が良い、東大を卒業している、英検1級を持っている。これらすべてに共通する事は面接官が相手に対して興味を持つ可能性があるということです。興味を持って面接をして話して見て企業に必要な人材かそうでないかを判断する。興味の沸かない人は判断すらしてもらえない可能性があるというだけなのです。

学歴や容姿は努力ではどうにもならない部分もあります。もう一度大学に入りなおすことは難しいですし、痩せて体を引き締めてスリムになることは出来ても顔を変えるのは整形でもしない限り不可能でしょう。しかし資格は今からでもとりたいときに取れるんです。つまり持ってないということは持っている人に比べて努力をしていないと言う事なんです。それを本当に欲しくて取った人は少ないかもしれませんが、少しでも有利になると思い頑張って取った努力を企業はキチント見てくれているかもしれないということなんです。

とはいえ資格は無数にありますし、「どうすれば取れるのか?」「スクールや体験レッスンなどはあるか?」なかなか調べるのも難しかったり面倒だったりすると思います。ケイコとマナブ.netなら約80,000件の講座・レッスン情報満載! 資料請求・予約ができるサイトになっているのでだいぶ時間の短縮になると思います。興味のある人は活用してみてくださいね。