マイナビのエントリーも昨年の12月から続々と始まっているそうなので、就職活動しているという学生さんも多いかと思います。そこで就職に限らずアルバイトなど面接やエントリーシートに関するお話を私も派遣会社で仕事柄沢山の人を見させていただきましたので、させていただこうと思います。

基本的なマナーなどに関しては指導してくれる方や先輩などに聞いていただければと思います。今回お話しするのは「本当のところ何を見てるの?」と誰しもが疑問に思うことをお答えしたいと思います。こういう内容ってオフィシャルな場所では勿論の事、書籍であったりマイナビエージェントのページをみていてもあまり本当のことを書いている方は少ないと思います。なぜなら書いたら企業イメージが損なわれてしまったり、その結果として自分の立場が危うくなる人もいるかもしれないからです。

大げさに書いてしまいましたが、本音は書きにくいと言う事です。例えばエントリーや履歴書に記入する自己PRであったり志望動機を記入する欄がありますよね。それってどれほどの人が関心を持って読んでいるのでしょう?大手企業になればなるほど応募人数は増える傾向にありますし、人事の方は数多くのエントリーシートを毎年目にしています。学生も本を見たり先生の話を参考にしたり、先輩に聞いたりして作成しているとは思いますが相手の方が1枚上手と思ったほうが良いでしょう。

基本書かれていることに対して信用をしている人は少ないと思います。先入観を持たないように・・・という方もいらっしゃると思いますがエントリーシートをみて信用して採用した結果裏切られたりする事が少なくないので信用しない人が多いと思います。そもそも就職活動をする際に数十社あるいは100社程度訪問をしたりするのに、そのすべてにおいて理由がキチントある人がどれほどいるのでしょう?厳しいと言われる就職活動で自分に不利になるような自己PRを書く人がどれほどいるのでしょう?と言う事だと思うんです。

話は少しそれてしまうかもしれませんが、芸能事務所やアイドルのオーディションなどでは届いた履歴書の半分を床に落としたりするそうです。落ちた人は運がないということでどんなに綺麗でも可愛くても不合格にするプロダクションもあるそうです。それだけ履歴書などは人が関心を持たないと言う事なのかもしれませんね。

「え?そしたら何を書けばいいの?」「書く意味もないの?」相手も形式的なものと捕らえているのでしっかりと記入すればよいだけです。中には目に留まって読まれる幸運な人もいるとは思いますが、基本的には誤字、脱字がなくキチント記入できているか(それらしく書かれているか)と言う事です。そういった意味では綺麗な字というのは注意をひきますし、ペン字などの資格は持っておいて今後損はしないと思います。資格は履歴書に書けるものだけでなく、普段はそれほど必要ではないけど思わぬところで役立ったりする事がありますね。

ケイコとマナブ.netなら約80,000件の講座・レッスン情報満載で資料請求・予約ができるサイトになっているので忙しい就職活動をしている学生さんも時間短縮にピッタリだと思います。興味のある方はアクセスしてみてくださいね。時間は面接の際の注意点や少し役立つ情報もお話できればと思います。